FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.22

再会

Category: 未分類
何度目に伺った時だろう、
「君の文章は所々飛ぶね。時々前を確認しないと脈絡がわからなくなることある。」と、三浦哲郎先生に言われたことがある。
「ものをどう見るか、が大事だと思うね。」
先生はそうもいわれた。わたしは一言も聞き洩らすまい、と思いながら聞いていた。
「俺ならここはこう書くな。」と先生はいって、わたしの原稿の余白に鉛筆でさっと書き加えた。その時、先生がどんな文章をどう書き直したのか、残念ながら憶えていない。
「いい作品が書けたら早稲田文学に推薦するよ。」とも先生はいってくださった。その頃、第七次早稲田文学が復刊していて、先生はその編集委員を務めていた。
わたしには分不相応とは思いながらも、心は天にも昇る気持ちだった。後で考えてみると、同郷の若者を落胆させまいと、先生は精一杯励ましてくださったのだろう。
その後、二十年間、わたしは自分の不甲斐なさゆえに先生と疎遠に過ごすことになった。
学園紛争花盛りし時代だった。世間知らずの若者は腰がすわらなかった。あれもやってみたい、これもやってみたい。あげくに都会暮らしに疲れ、ついに森に逃げこんだのである。八ヶ岳南麓の清里に『モロアの森』をつくり、小さなペンションを始めたのである。
しかし、転機は思いがけなくやって来た。昭和六十年、先生の依頼を受けた新潮社の宮辺さんから、三浦先生が『モロアの森』を舞台に小説新潮に連載を書きたいとのこと、いかがでしょうか、という電話が突然あった。
後で知ったのだが、先生の山荘が近くの野辺山高原にあったのだ。そのことを先生と再会するまでわたしはまったく知らなかった。わたしが知らずにいても、先生は密かにわたしの暮らしぶりを知っていたようだ。
再会する嬉しさと、長いご無沙汰、そして先生のご厚意にむくいることができなかった後ろめたさが頭の中をめぐっていく。そして、この縁は一体どういうことなのだろう、と不思議な気がした。そう思いながらも、わたしは先生のお役に立てるなら、と承知した。
「清里も随分賑わっているようだね。ひょいとあんたのことを思い出してね。なにか面白いことをやっているらしいじゃないか。」
 二十年振りの再会にもかかわらず、先生は長い空白を少しも感じさせることなく、にこやかな笑顔でいった。その時に生まれた先生の作品が『モーツアルト荘』である。
スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://moroisrimbaud.blog.fc2.com/tb.php/3-179bcba4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。